結婚式を挙げるのにかかる金額 | システムエンジニアライフ

結婚式を挙げるのにかかる金額

ヘッダー広告
スポンサードリンク

私は昨年の12月に、都内にあるホテル椿山荘東京という場所で結婚式を挙げました。

結婚式というものは、多くの人の場合は、人生に一度だけの経験で、右も左も分からない状態で準備を始めると思います。

そしてその中でも、結婚式にかかる費用というのは、人生の中でもかなり上位に入る出費にも関わらず、不透明な部分がかなり多くあります。

私も結婚式場の見学に行く前までは一切わからないままでしたし、結婚式の準備をしている最中もどんどん上がっていく見積もりを見て、恐怖を感じました。

そんな結婚式ですが、かかる費用を事前にしっかりと理解して、式までの準備をきちんとすれば、より多くの人が幸せな結婚式を挙げられるのではないかと思いますので、今回私の経験を紹介させていただき、参考にしていただければと思い記事を書きました。
是非読んで参考にしていただければと思います。

初期見積もりと最終見積もりの差

各情報誌、ネットの見積もり金額

結婚式の挙げる式場を決める際には、まず見学に行く式場を探します。

ホテル挙式にするのか、結婚式専門の式場にするのか、はたまたレストランにするのかは最初に悩むところではありますが、どれを選ぶにしても各式場の目安の金額を雑誌であったり、ネットから情報収集をして調べると思います。

雑誌であればほとんどの人が一度は買うであろうゼクシィや、ネットであればみんなのウエディングというものをみて調べるでしょう。

もちろん私も上記のどちらも見て式場見学に行きました。

そして、ゼクシィに記載の金額には完全に騙されたのです。

ゼクシィに載っている金額は、あくまで最低限結婚式を挙げることが出来る金額と思ってもらえれば間違いなく、自分達が満足でき、呼ぶ予定の友達も楽しく過ごすためには、その金額+50万円は確実に必要になります。

結局ゼクシィは各式場からの広告収入をもらっているので、式場側が有利になるように本を書いているという話もあります。

ゼクシィを参考にする場合は、+50万円はかかると思っていただくか、みんなのウエディングのサイトを見てください。

みんなのウエディングには、実際に式場に行って出してもらった見積もりや、最終金額(最終見積もり)が記載されています。
披露宴に呼ぶ人数や、結婚式で選ぶ様々な物の値段は一人一人異なるので、必ず一致するというわけにはいきませんが、自分の考えている人数と近い人数の人の見積もりは大変参考になるでしょう。

ここで注意してほしいのは、初回見積もりの金額を信用してはいけないということです。
後で私の時の初回見積もりも紹介しますが、初回見積もりには最低限のものしか載っていないことがほとんどです。
実際に予約をして、色々と進めて行くうちに、50万円以上はオーバーすると考えてください。

そのため、みんなのウエディングを参考にする際にも、最終見積もりの人だけを見るか、初回見積もりを見てもプラス50万円~100万で考えていた方がいいです。

ANAインターコンチネンタルホテル東京見積もり

私は2つの式場を見学に行きました。
どちらも大変良い式場でしたし、初回見積もりを出された時は思ったよりも安いかも。と安心しました。
※しかし実際にはそれ以上にかかると今ならわかります。

ここでそれぞれの式場の初回見積もりをご紹介致します。

まずは、インターコンチネンタルホテル東京という式場になります。

このホテルは、銀座線溜池山王駅からすぐにある、インターコンチネンタル系列のホテルです。

このホテルの良いところは、まずホテル全体がラグジュアリー感に溢れていることでしょうか。

チャペル、披露宴会場、待合室とどこに行っても綺麗な洗練された空間です。
特にすごいと思ったのは、ホテルのロビーです。
まさに豪華爛漫という雰囲気です。
日本の四季をイメージしているとのことで、ずっと見ていられるような空間です。


ちなみにフラワーシャワーもこのロビーで、参列者や宿泊客に見られながらここで行います。

このインターコンチネンタルホテル東京で式を挙げられれば、会社の人を呼んでも恥ずかしくない式となるのは間違いないでしょう。

さて気になる見積額ですが、このような金額となりました。

ゼクシィに記載の先輩の平均金額
人数:80人
金額:¥3,273,454

みんなのウエディング平均金額
人数:77人
金額:¥4,070,000

実際の私の初回見積額
人数:80人
金額:¥3,398,065


式が終わってある程度の金額が分かるようになった私が、この見積もりに対して足りないと感じる箇所があるとしたら以下の部分になります。

・ウエディングケーキ @¥700
・エンディングムービー作成 @¥40,000
※オープニングムービーなし。プロフィールムービー自作を想定
・衣装直し後ブーケ @¥40,000
・衣装直し前ブーケ ランクアップ @¥20,000
・フラワーシャワー @¥10,000
(インターコンチネンタルではフラワーシャワー代がかかります)
・料理ランクアップ @¥2,000
・ドリンクランクアップ @¥1,000
・印刷代 @¥15,000
・引菓子② @¥1,000
・上司、親族引き出物 @¥2,000
・新婦衣装 @¥100,000
・新郎衣装 @¥50,000
・送迎プチギフト @¥300

その他
・お車代
・スピーチや乾杯、余興のお礼

大体こんなところだと思います。
これを合わせると多分このような金額になるのではないでしょうか。

約450~600万円

さすがインターコンチネンタルです。

ホテル椿山荘東京初回見積もり

2つ目の式場は、ホテル椿山荘東京です。そして私はこのホテルで結婚式を挙げました。

このホテルは、山手線の目白駅からバスで10分程度、もしくは東京メトロ有楽町線の江戸川橋駅から歩いて10分程度のところにある少しアクセスの悪い式場です。

私がこのホテルに決めたポイントは、都内なのに自然に溢れた最高の景観です。

春には桜、夏にはホタル、秋~冬前半には紅葉、そして冬にはホテル名にもなっている椿山荘という名前の通り、椿が咲いていて、四季を楽しむことが出来ます。

私は12月に結婚式だったわけですが、ホテルのロビーには巨大なツリーがあり、外に出ると緑溢れる景観の中に、紅葉もところどころに見られて、どこに行っても写真が大変綺麗に写りました。

椿山荘も歴史のあるホテルで結婚式に人気な会場ですので、上司を呼んでも間違いないと思います。
かつ、ご両親や親族なども喜ばれるのではないでしょうか。

季節によってまったく印象が異なる椿山荘の庭


椿山荘のチャペル

奥には滝が流れています

もう一つのチャペルへつながる道

こちらも木々が綺麗に映えます

さて椿山荘の良い点はこのあたりにして見積額をご紹介します。

ゼクシィに記載の先輩の平均金額
人数:80人
金額:¥3,017,772

みんなのウエディング平均金額
人数:62人
金額:¥3,420,000

実際の私の初回見積額
人数:80人
金額:¥2,999,220



人数:90人
金額:¥3,179,220


こちらはどうでしょうか。
さきほどのANAインターコンチネンタルホテル東京と比べると、結構安くなったように思います。

ただし初期見積もりの段階では、あまり何が必要か分かっていなかったので、今振り返るとこの見積もりでも足りない部分が多々見つかります。

椿山荘最終見積もりが手元にありますので、そちらもお見ていきましょう。

ホテル椿山荘東京最終見積もり

ホテル椿山荘東京での最終見積もり(実際の金額)はこの金額となりました。

人数:87人
最終見積額:¥3,924,823

1ページ目


2ページ目


3ページ目

90名で見積もってもらった初期見積もりからは、約75万円も増加しました。
それでは初期見積もりで何が甘かったのか見て行きましょう。

初期見積もりよりも、多く金額がかかった部分は以下の項目になります。
それぞれ見ていきましょう。

・料理の差額 @2,000円 合計174,000円

料理はケチってしまうとかなりわかりやすい部分になります。
結婚式は今までお世話になった方をお招きする場所ですので、ここは削らないようにしましょう。
逆に言えば、初期見積りの段階である程度多めに見積もりに入れてもらう方がいいと思います。

・ドリンクの差額 @1,000円 合計87,000円

ドリンクは、初期見積りの時は分かりにくいのですが、一番初期のプランだと乾杯がシャンパンではなくスパークリングワインであったり、ドリンクの種類が少なかったりと少し不満に思う点もあると思います。
出来れば見学の際に、ドリンクリストを見せていただき、質問する方がいいでしょう。

・新婦ウェディングドレスの差額 80,000円
・新婦カラードレスの差額 110,000円
・新郎衣装の差額 60,000円
・新郎替ベスト 20,000円

初期の洋装2点プランは、新婦衣装42万円 新郎10万円くらいのプランですがそれでもこんなにも差額が出てしまいます。
特に女性は一生に一回だから気に入ったものを着たいというので、どうしても衣装については上がっていってしまうのが現実です。
そして男性すらもプラン内の衣装は真っ黒のもので、定番の白やグレーやネイビー等は5万円以上のこともあります。
そして女性は衣装替えする人がほとんどで、男性もそれに合わせてベストを変えたりすることもあり、そこの差分も少しずつ積み重なって金額が上がっていきます。

・上司・親族用記念品 85,000円

結婚式では記念品が必要となりますが、上司や親族の場合は他の方よりもご祝儀を多く包んでくれると思うので、記念品も高めの物を購入します。
ちなみに私は上司も親族も同じ金額にしたのですが、親族から思った以上のご祝儀をいただいたので、親族はもっと多い7,000円とかの物でも良いと思います。

・しきたり品(鰹節など) 70,000円

しきたり品も必要となります。
引き出物・引菓子・しきたり品と3つがあるのが基本ですので、忘れずに見積もりに入れるといいでしょう。

・スナップアルバム 190,000円

当初のアルバムの予定では、130,000円でしたが、それだと300カットくらいしかなく、友達等も沢山撮ってもらいたかったので、500カットに増加させました。
大抵の式場がアルバムの金額設定は同じくらいだと思うので、多くの写真が欲しい方は、最初から高めの金額を設定してください。

・式前の庭園写真 40,000円

これは椿山荘独特のプランかもしれませんが、椿山荘では式の前に庭園やホテル内の好きな場所で写真撮影を行うことが出来ます。
もし椿山荘で式を挙げる方がいらっしゃる場合にはこれはやったほうがいいと思います。
椿山荘内の綺麗な風景や場所で撮って、思い出に残ると思います。

逆に初期見積もりから減らすことが出来たポイントについてですが、以下のようなところになります。

・生ケーキ 初期見積もり 88,000円 ⇒ イミテーションケーキ 30,000円

生ケーキは、一番安いものでも一人1,100円からしかありませんでした。
しかも一番安いものだと、よく結婚式で見る立体的なものではなく、高さのないちょっと見栄えの悪いものでした。

高さのあるものにすると、1,000円以上は金額が上がるため、悩みました。
私が結婚式に参加してもケーキはあまり食べないので、あまり上げる意味がないと思っていたので、良いものが見つかりました。
それがイミテーションケーキです。

イミテーションケーキは食べることが出来ないのですが、高さがあって見栄えが良く結婚式でよく見る定番なものという感じがします。
私達の選んだ料理コースには3種類のデザートがついているので、今回は思い切ってイミテーションケーキにして生ケーキはやめました。
正直イミテーションケーで良かったと思っています。

ケーキメニュー

・スタジオ写真(六切り) 初期見積り 45,000円 ⇒ なし

スタジオ写真は定番で必ず撮らなきゃいけないものだと思っていたのですが、一つ撮るのに15,000円かかり、印刷するにも1つ5,000円もかかります。
初期見積りでは、45,000円ですが、実際にはそれ以上かかりますので、これは私はやめることにしました。

でも、挙式後に庭で家族写真を撮れましたし、披露宴中も沢山撮ることが出来たので、まったく後悔はありませんでした。
スタジオでかっちりと撮るのもいいと思いますが、コストパフォーマンスは少し悪いので私のように思い切って削るのもいいと思います。

・花束/ブートニア 初期見積り 44,000円 ⇒ 外部発注

花束やブートニアは外部での発注としました。
ここは妻が発注をしていたので詳細はわかりませんが、椿山荘で頼むよりも気に入るものを安く選べたかもしれません。
椿山荘でも良い花はありましたので、外注するのがめんどくさい方は椿山荘で頼んでも問題ないと思います。

以上が私の時の最終見積もりになります。
初期見積りを100万円近く上回ってしまいましたが、それでも私は椿山荘に大満足しています。
400万円を払った価値があると思いましたし、本当に楽しい一日となりました。
結婚式場に迷っている方は椿山荘をおすすめします。

椿山荘の挙式費用詳細な料金

最後にこれから椿山荘で結婚式を挙げるのを検討している方のために、各種料金を詳細にお伝えしたいと思います
これは2018年12月時点のものであり、変動する可能性があります。ご注意ください。

料理の料金

椿山荘の料理の料金になります。

14,000円コース

  • サーモンマリネ オレンジの香るサワークリーム添え ヴェルソースと共に
  • 季節のクリームスープ
  • 真鯛のヴァプールとカダイフを巻いたアカザ海老と帆立貝のピンチョスサフランケッパーソースと共に
  • 牛フィレ肉のステーキ フォンドヴォーソース ポストガレットと温野菜添え
  • バナナのパルフェアイスクリーム エキゾチックソース フルーツのコンポート添え

16,000円コース

    前菜
  • トラウトサーモンのゼリー キャビアとイクラ添え
  • ポークのリエット 生ハムを巻いたマスタードブレッド
  • プチトマトのカプレーゼ

  • 温前菜
  • 野菜ブルーテエスカルゴのフィロー包み焼き バジルソース

  • スープ
  • A.コンソメプランタニメール
  • B.季節のクリームスープ

  • 魚料理
  • A.オマール海老のポアレ 白ワインと甲殻類の2種のソースで
  • B.オマール海老のムースを詰めたスズキのパイ包み焼きショロンソース
     アカザ海老と茸のソテーを添え

  • 肉料理
  • A.国産牛フィレ肉のステーキ フォアグラのソテー マデラソース  ポテトガレッドと温野菜添え
  • B.国産牛サーロインのロースト レフォール風味のフォンドヴォーソース  ポテトガレッドと温野菜添え

  • デザート
  • パッションフルーツのムース ピスタチオのビスキィー
  • ベリーとクリーミーなチョコレート
  • バニラアイスクリーム添え

  • コーヒー 又は 紅茶
  • パン2種


ちなみに私はこのコースにしましたが、大変評判もよくおいしかったです。

20,000円コース

    アミューズ
  • カリフラワーのパンナコッタ キャビア添えとサーモンムース

  • 前菜
  • ~祝宴を彩る~ スペシャル オードブルバリエ~
  • 真鯛のマリネ 烏賊のタルタルからすみ添え
  • 蟹のミルフィーユシトラス風味 合鴨のパストラミ ジャンポンと野菜のコルネ

  • スープ
  • A.コンソメ ドゥーブル ロワイヤル
  • B.海の幸 フリカッセ パイ包み焼き

  • 魚料理
  • オマール海老と鮑のハーモニー彩り野菜と共に クリーミーな甲殻類のソース

  • お口直し
  • A.フローズンジュレ
  • B.グレープフルーツのシャーベット

  • 肉料理
  • A.黒毛和牛フィレ肉とフォアグラステーキ ロッシーニ風トリュフソース ポテトガレットと温野菜添え
  • B.黒毛和牛フィレ肉のパイ包み焼き”ヴェリントン風” 温野菜添え

  • デザート
  • クリームジュレが入ったチョコレートのガナッシュ
  • ローズのジュレを添えて

  • コーヒー 又は 紅茶
  • プチフール
  • パン2種


和食や仏蘭西会席もありますが、それは写真だけ貼っておきます。

仏蘭西料理14,000円コース


仏蘭西料理16,000円コース


仏蘭西料理20,000円コース


和食料理20,000円コース


和食料理30,000円コース

どれもおいしそうで大変悩みますね。

椿山荘のドリンクメニュー

続いてドリンクのメニューとなります。

まずは通常のドリンクメニューになります。


4,000円コースだとすごく種類が少ないです。
ただ6,000円だと高くてすごく悩みました。

しかし期間限定のドリンクメニューが私達の時にはありました。それがこちらになります。


私はこの期間限定の中の、二コラ フィアット スペシャルコースにしました。
こちらであればシャンパン + 他の飲み物も種類が多くあり良かったです。
おそらく多くの期間でこのようなプランがあるとは思います。

椿山荘の写真(アルバム)

椿山荘の写真(アルバム)の値段の一覧はこちらになります。



値段の下に書いてあるのが、撮影枚数になります。
あとのポイントとしては、撮影範囲でメイクや式前庭に〇がついているものについては、先ほども書いたように式の前に庭やホテル内で撮影することが出来ます。
椿山荘でよくある階段での写真撮影は、ここに〇がついているものが対象となります。

また、コラボレーションアルバムという4つのアルバムについては、スタジオ写真がついてきます。

スタジオ写真は六切1ポーズで台紙付き15,000円 焼増し1枚 4,500円ですが、コラボレーションアルバムでは4枚スタジオ写真を撮影可能ですのでお得ではあります。

椿山荘の挙式中動画撮影

椿山荘での挙式中に撮影してくれる動画の料金はこちらになります。



撮影範囲に〇がついている箇所が動画撮影をしてくれる場所になります。

ちなみに私達は、挙式ER 75,000円だけを使いました。
椿山荘の基本プランの中に、35,000円分の撮影プランが入っているので、実際には40,000円でエンディングムービーを作成してくれます。

ここについては、この写真だけだとわからないと思うので、是非椿山荘に行って何が違うのかを直接見て判断していただければと思います。

以上、こちらが実際に都内で結婚式を挙げた私が言える結婚式にかかる費用となります。

結婚式は一生に一度のことで、しかも普段扱うことが少ない金額を扱うので、判断が鈍っていってドンドン色々と追加していってしまうのですが、それぞれの金額を一つ一つ判断したうえで、必要なものと必要でないものをきちんとわけて金額を抑えることがすごく重要です。
今回の私の見積もり書などを参考にしていただき、適切な金額で楽しい結婚式を挙げていただければと思います。

フッター広告

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする