リリース直前にバグが発覚

ヘッダー広告
スポンサードリンク
先週チーム内の他の方が持っている案件で、本番リリース直前にバグが見つかりました。
バグとしてはマスターテーブルに登録する内容が間違っているとのことでした。

設計を再度確認

小さなバグではありましたが、品質に不安があるとのことで、再度設計書の確認を行うこととなりました。
また今週日曜日にリリース予定で時間がないため、徹夜で対応することになってしまったのです。
※私は近くのホテルに泊まりました。

小さなバグだったのにも関わらず、全体を再度調査することになってしまい、担当者はすごくつらかったと思います。
(私含め他のメンバーも確認をするのは大変でしたが・・・)

再度の確認の結果、他にもいくつかの箇所で問題がありそうな箇所が見つかりました。
リリース直前で見つけることが出来たのは不幸中の幸いですが、他にもバグは隠れているような気がします・・・

品質を強化するには

今回のバグについて、そこまで詳しく確認できているわけではありませんが、
担当者のシステムへの理解不足が原因ではないかと考えております。

バグは、マスタテーブルへ登録する際に、ある項目に本来登録するべき内容とは異なる内容を入力していました。(外部キーとなっている部分)
ER図を確認し、関連テーブルとの関係を確認さえしていれば今回の事象は発生しなかったと思います。

担当者はソースが一切読めず、またSQLも書けない人で、すべて設計書で理解しようとしています。

それが今回のバグにつながっていると思います。

とはいえ、バグは必ず起こるものと考えているのでしょうがないとは思いますので、
今後技術力をつける努力をしてくれれば問題ないです。
(本人はおそらく技術力が必要だとは思っていないのでしょうけど・・・)

今回の事象を自分に当てはめて考えた場合

今回のバグは技術力不足だと考えておりますが、自分が担当していても同様のバグは起こしてしまうかもしれません。

関連テーブルを確認して項目ごとに設定する内容を理解するのが正しい動きだと思いますが、
時間がないとその動きをしないこともあるかもしれません。

やはり普段からシステムについて理解を深めて、ある程度はテーブル構成を理解しておくことで、その場で簡単に確認するだけで済むレベルにならなきゃなぁと考えます。

やはりまだまだシステムの既存情報の理解は足りていないので、今後学んでいく努力を続けるつもりです。
フッター広告

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする