環境を変えることで得られるもの | システムエンジニアライフ

環境を変えることで得られるもの

ヘッダー広告
スポンサードリンク
私は一度転職をしています。
転職の理由は、その時にしていた仕事をほぼ理解してしまい、これから何年もその職場で働いても、大きな成長はなく、同年代のエンジニアと比べた際にITスキルの差がどんどん広がってしまうと考えたからです。
5年後、10年後の自分を考えた際に、今のままだと市場価値的にもあまり上がることはないと考えて、給与を上げたいので転職を決意しました。

転職して変わったこと


転職前のITスキル


私は転職前はVBAをメインで使用して開発を行っておりました。
当時の職場では、ユーザー企業の業務知識は身につけることが出来ましたが、ITスキルとしては、価値が高いといえるようなスキルは身につけることが出来ていませんでした。
しかし、同じ職場で働いていたエンジニアもその環境に対して問題意識を持っている人はいなく、私自身も一つの言語(VBA)が理解出来ていれば、他の言語もすぐに理解出来ると思うし、そもそも今後は要件定義をメインでやりたかったので、ITスキルは多少で業務知識さえあれば良いと考えておりました。
そのため自宅で開発をして色々試してみたり、通勤途中で本を読んだりということはしていませんでした。(要件定義に関する本などは読みましたが)

今思い返すと、かなり甘いなと思います。
要件定義をするにもITスキルがあった方が断然良い(むしろ必要不可欠)ですし、SEとして覚えなくてはいけないことは、プログラミングだけでなく、サーバー側の知識、WEBの仕組み、セキュリティ知識などまだまだあります。
一つの場所だけで働いていると見えない、分からないことは多数あるのだと今では思えます。

転職後の環境


転職後はWEBアプリケーションを開発する現場へ配属となりました。
私はWEBの知識が全くと言っていいほどなかったのに加え、大規模なシステムを開発する機会もなかったので、配属当初は1つの案件を対応するだけでいっぱいいっぱいでした。
前の現場では、システムも業務もSEの中では一番理解していて頼ってもらえていた自負もありますので、このギャップにかなり悔しい思いをしました。

しかし、悔しい思いをしたからこそ、以前は職場でしかしてこなかったシステム開発に関する勉強を、家でもするようになりました。
転職したら休日に家で勉強しようと思っていましたが、電車に乗っている時間や平日の夜まで勉強するとは思っていなかったので振り返ると驚きます。

しかも、どんなに勉強しても同じ職場でかなり知識がある方がいるので、まだまだ自分自身のスキルが足りていないことが分かり、その方に追いつくために今も勉強を続けられているので、現在の職場に配属となり良かったと思います。
このブログも、自分が身につけた知識をまとめておくために始めたので、やはり環境を変えて刺激を受け続けられる環境に身を置くことは大変重要なのだと理解しました。

まとめ


同じ場所で何年も働いていると、かなり深い知識をつけることができ、周りからも頼りにされる存在になれると思います。
また慣れ親しんだ人と一緒に楽しく仕事ができ、仕事ものびのびと出来るのでなかなか離れたくなくなるんですよね。
しかし同じ現場にずっといると、そこで得られるスキルだけで満足してしまって、他の部分を身につけようとはなかなか思わなくなります。
そして気がついたら同年代のエンジニアと大きなスキルの差がついている可能性があります。
そうなる前に現状に危機感を持つことが重要だと思います。

危機感を持つには、私の場合は環境を変えること。つまり転職や異動をオススメします。
それ以外にも転職サイトに登録して、キャリアコンサルタントの方にお話を伺うだけでも現状を理解して危機感を持つことが出来るので、今の職場に満足しているけど少し不安もあるという方には良いと思います。

私は転職して意識を変えることが出来ましたが、まだまだ能力不足なのは間違いないので、これからも勉強し続けたいと思います。
またどこかのタイミングで、転職エージェントの方にお話を伺って、同年代のエンジニアとの差を聞きたいなぁと思っています。
フッター広告

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする