プログラミングコンテストへの参加 | システムエンジニアライフ

プログラミングコンテストへの参加

ヘッダー広告
スポンサードリンク
この度私が所属している部が、とあるプログラミングコンテスト的なものに出場することになりました。

基本的には若手(入社1、2年目)が中心ですが、他にも参加して良いとのことでしたので、私も立候補し参加することにしました。

具体的な内容は避けさせていただきますが、あるAPIを活用してシステムを作成し評価してもらうというものになります。

(分かる人には分かっちゃうかも)

私の今年の目標は、Webアプリケーションエンジニアとして大きく飛躍すること。

プラス最新の技術動向に触れられるのであれば触れて市場価値を高める。

というのがあるので、今回のコンテストは大きなチャンスだと思って立候補しました。

キックオフミーティング


先日そのコンテストについて社内でのキックオフミーティングが行われました。

元々ある程度やりたいことは決まっていたみたいで、ミーティングではメンバー紹介と、作成したいシステムの内容を振り返るというのが主な目的でした。

正直元々のメンバーである程度擦り合わせていたような雰囲気で、後から入った私は、打ち合わせに少し入りにくい印象でした。

かつ、ある程度決まってしまっていたので、どんなシステムを作成するのか決めるという一番楽しい部分に関われなかったのは少し残念でした。

とはいえ、なかなか新しい斬新なシステムを作ろうと考えているようで、これから作成するのが楽しみになりました。

打ち合わせでは若手メンバーが積極的に発言をしていて、今回のシステム作成にあたり使用する環境の説明や、少しではありますがメインのAPIの説明など(そういえばメインとなるAPIの説明はあまりなかったです。良くないですね。)、ハキハキと説明していました。

かつプログラミングの知識も普通あるようで、正直大変関心しましたし、焦りもありました。

私が2年目の頃にはそこまで出来ていなかったですし、今私の周りにいる中堅~ベテランの社員を見てもあまり尊敬出来る人がいないので、会社のここ最近の採用はかなり成功しているのだなぁと感じました。

脱線しましたが私も負けていられないという焦りを感じることが出来ましたので、今回参加して良かったと思いました。

これからの作業


ミーティングでは、これからの作業について説明がありました。

APIを試すチーム、開発にあたってのヒアリングや準備を行うチームの2チームに別れてひとまず作業を行うこととなりました。

誰がどのチームに所属するのかと、各チームの作業内容は決めましたが、各人の作業内容まで決めていなかったので、何をすれば良いかわからない状態です。

そういうところを決めきることが出来ていないのは、マネージャー(この人は部長の方です)、そしてリーダー(こっちには若手が入ってます)の力不足な点だなぁと思いました。

(私は途中から入ったので、今回はあまり口を出さないでおこうと考えました)

私はAPIを試す方のチームになったのですが、まずは個人で色々遊ぼうと思います。

ちなみに開発はJAVAにて行うと思います。(フロントサイドはJSPかな?)

たまに状況などお伝えしたいと思いますが、会社にバレたくないので、(上司の不満など書いているから)ボカしながら書きたいと思います。

コンテストが落ち着いた頃に、今回のAPIの使い方なんかも載せて共有出来ればなぁと思っています。

今回のコンテストを通じて、様々な知識が身につけられればと思っておりますので、色々と不安はありますがひとまず頑張ります。

読んでいただきましてありがとうございました。
フッター広告

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする