レビューによる品質向上

ヘッダー広告
スポンサードリンク
現在の現場では品質向上を図る目的でレビューを実施しています。

ウォーターフォールモデルでの開発のため、要件定義、外部設計~詳細設計、コーディング

UT~総合テストまでの全ての工程がレビューの範囲となります。

その他にも例えばお客様に提出する資料もレビューの対象となります。

レビューによる品質向上


 レビューアの人数


レビューは基本的には3人が行います。

オフショア会社内リーダークラスでのレビュー。
パートナー会社のレビュー。
元請け会社のレビューです。

こんなにレビューがあれば、あまりバグは発生しないのでは?と思われるかもしれませんが、結構ミスがあります。

よくあるミスといえば、そもそも修正範囲が足りないこと。

保守開発ですので、ほとんどの開発が既存の処理に影響があります。

そのため、開発前に修正箇所を判断するのですが、その修正箇所の判断に誤りがあり、設計段階でも気づかないまま開発が進んでしまい、テスト工程でやっと気づくというパターンです。

設計レビューでは、他に直す箇所がないか、その修正により他の機能に影響がないかを再度確認する必要がありますが、その箇所だけで問題ないと思い込んだまま、オフショアが作成した設計書だけをレビューしてしまうことがバグの原因となっています。

他には、オフショアが作成した設計書のレビューで、パートナー会社側で設計の理解が足りず間違った指摘をしてしまい、何が正しい状態なのかを判断出来なくなるパターンもあります。

これはほぼパートナー会社の能力不足ではないかと思っております。

システムとしてどういう設計であるべきなのかを理解しておらず、余計な対応をしてしまい、無駄に工数を使ってしまい、品質も低下すると言う残念なものです。

パートナー会社は、オフショア以上に既存システムを理解し、常に適切な判断をしなくてはいけないと思います。

もちろん大きなシステムであれば全ての設計を理解出来ているわけではないので、分からない箇所をひたすら覚えるのではなく、調べる力をつける。

かつ、ある程度の基本パターンがあるはずなので、それを身につけることが重要だと思っています。

そのためには経験も大事ですが、既存システムがどうなっているかを調べる好奇心が必要だと思います。

その力が身につけられれば、徐々にシステムの理解も深まり、チームとして重要な存在になれると思います。(若手のSEが生意気なこと言ってすいません。)

レビューでの指摘分析


各工程完了後には、その工程で発生した指摘を分析します。

どのような指摘が何件くらいあったのかを確認し、バグに繋がるような指摘(もしくはバグ)が多数あるのであれば、品質に疑問があるとして普段以上に慎重にかつ多くの箇所を確認する必要があります。

例えば誤字脱字が10件あるとしても、ロジックの間違いは見つからず、オフショアの日本語がおかしいという程度の指摘であれば、品質に大きな問題があるとは考えられないので、それ以上に多くの確認を行う必要はないと考えられます。

しかし、SQLに誤りがあったり、postしたパラメータと異なるパラメータを使用している等の

設計誤りが多数ある場合には、品質全般を疑う必要があると考えます。

何が原因で設計を誤ったのか確認し、同様の事象が今回対応した設計でないか。

他の箇所では違うミスはないかを確認し、品質向上を図ります。

※誤字脱字は問題ないような記載をしましたが、設計書数ページにも関わらず誤字脱字が数十個見つかるような場合は、そもそも要件を理解出来ているのか、既存システムにはどのくらい関わっていてきちんと慣れているのか等を疑う必要もあると思います。

PMOチームがいるような開発で、このくらいの規模の場合にはこのくらい指摘があるべきというような基準があるような現場もあると思います。

そのような場合に、指摘が少なくて品質を疑われるようなことがあるかと思いますが、

私としては単純に基準内に当てはまらないからと指摘されるのはどうかなぁと考えています。

着任したばかりのエンジニアが設計をすれば必然的に指摘は多くなると考えますし、 ベテランのエンジニアが設計したのであれば、指摘は普通は少なくなります。 新任者の方が設計した案件の指摘数が基準内だからOKと判断されたり、 ベテランの方が設計した案件の指摘数が基準に達していないからちゃんとレビューしていないと判断される場合があり、追加でレビューをするというのはQCDの観点から考えて、過剰品質、高コストとなってしまい、無駄な開発となってしまうように思います。

また、基準に達するために無駄に日本語を指摘したりと(そこまで違和感のないような)、本来確認すべき箇所と異なる点を確認してしまうなど、それこそ品質低下していくのかなぁと考えています。

指摘を分析し、品質評価を行うのは賛成ですが、状況に応じて上手く評価する。
本来あるべき着眼点で確認することが出来れば品質向上につながると思います。
フッター広告

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする