「 WEBアプリケーション 」一覧

WEBアプリケーションに関する技術的なもの

ブラウザ読込中にボタンクリックで意図しない二重実行

一度ボタンをクリックしたあとブラウザ読み込み途中で、再度ボタンをクリックすると想定していない二重実行が発生する可能性があります。 ブラウザは処理途中であっても新しくボタンをクリックされれば次のリクエストも呼び出します。 そのため二回ボタンをクリックされれば二回同じ処理が呼び出されて二重実行となるのです。 今回は二重実行を防ぐ方法をブラウザ側の観点で(javascriptを使用して)ご紹介したいと思います。

ブラウザバックによる二重実行の注意

ブラウザに付属している機能である戻るボタン(通常ブラウザバック)はWebアプリケーション開発者にとって頻繁に問題となります。今回の記事ではブラウザバックによる問題の一つである二重実行をご紹介したいと思います。実行画面へブラウザバックで戻ると実行時のリクエストが再度実行され、DBに同一の内容が登録されてしまいます。しかしWebサイトの閲覧者はただ画面を表示しているだけと考えてしまい、二重実行に気づかないことがほとんどです。Webアプリケーションの開発者は二重実行の対策を行い、ブラウザバックで実行が再度されないように注意する必要があります。

JSPへ配列を渡して表示する方法

サーバー側(Javaサーブレッド側)で取得・作成した配列データをパラメータで渡して、クライアント側(JSP側)で表示させる方法について。サーブレットとJSPでデータの引き渡しを行う際には、JavaBeansを使用します。Listオブジェクトで値を渡すことで、配列データをJSP側で表示させることが可能となります。

画面読み込み途中でボタンが押された時の動作

サイズの大きいHTMLファイルはブラウザの読み込みにも時間がかかってしまいます。 そして画面を読み込んでいる途中でボタンがクリックされてしまうと、想定していないエラーが発生することがあります。 私が経験したのは、本来渡されるform内のinputパラメータが渡されず、サーバー側でエラーとなってしまうというものです。 今回は具体的に何が起きたのか、そしてどう対応するべきなのかをご紹介したいと思います。