システム開発 | システムエンジニアライフ

「 システム開発 」一覧

開発工程に関することなど

システム開発で品質はどれほど重要か~過剰品質のSier~

Sierでは過剰品質が大きな問題となっていると考えています。 そしてそのことに対して何の疑問も持っていない方がほとんどです。システム開発というのは顧客の目的を達成するための手段であり、品質は必ず重要でないケースも多くあります。品質を高めるというのはそれ相応のお金と時間がかかります。QCDを意識して、顧客が求めるものに対してどの程度の品質が必要なのかを考えて提案することが元請けSierの重要な役割だと考えています。

システム開発において多くの管理者は管理という仕事を勘違いをしている

私が今まで出会ってきたプロジェクトマネージャ・プロジェクトリーダーは、管理という仕事を勘違いしていると思います。 管理者の仕事は、プロジェクトを円滑に進めるために、メンバーをフォローすることであり、メンバーを管理することではないはずです。 私が思う理想のマネージャーと多くのマネージャーとの差について考えたいと思います。

テスト環境

システム開発では必ず必要であるテストについて、テストするために本番とは異なる環境を用意してテストを行うのが一般的です。 今回は、テスト環境がなぜ必要なのか。本番環境とはどのような点で異なるのかをご説明させていただきます。

テストエビデンスの作成に苦戦

テストを実施する中で、テストエビデンスの作成に苦戦しました。 Sierの現場では、EXCELにテストした結果を、画面キャプチャーを取得して保存します。 かなりめんどくさい作業なので、作業について共有させていただきます。

詳細設計書は必要か

詳細設計書が不要だと強く考える私が、その理由を記載しています。 コーディングとの差異がなく、EXCELで記載する分余計に作成に時間がかかります。 また、保守の段階においても、詳細設計書を確認する機会は多くはなく、実際のコードを確認した方が速いです。 詳細設計書は何が利点だと考えられているのか、逆に何が問題なのかを考えました。

責任感のあるオフショア

システム開発をオフショアに依頼することに不安を覚えるという意見をたまに聞きますが、実際には責任感や柔軟性がある会社もあります。 今回私は、自分のミスでオフショアの会社・担当者に負担をかけてしまいました。ところがオフショアの方は嫌な顔もせず対応してくださいました。 オフショアの方が全て対応が悪いわけではないことをお伝えできればと思います。

理想のPM・PL

私が思う理想のPM・PL像を書きます。 私が出会ってきたPM・PLは、みんな威圧的な態度で接してきたり、なんでも監視したがりますが、 本当に優れたPM・PLは、チームワークを大事にして、なるべくチームメンバーだけで解決できるチームを作れる人なのではないかと思います。

保守開発が難しい4つの理由

システム保守開発が難しい理由を4つの視点から記載している。 1.現状アプリケーションの構造理解 2.求められる品質レベルの高さ 3.開発するスピード 4.業務改善活動 上記の観点から、それぞれ何が難しいのかを考えています。

スパリゾートハワイアンズの情報漏洩について

スパリゾートハワイアンズで判明した情報漏洩に関する所感。 HeartBleedが事件の原因となっていて、その対処が出来ていなかったハワイアンズ、システム開発会社双方は、ECサイトの運営者としての意識を高く持たなくてはいけないと思います。 ですが、地方の会社がこのような事件によって衰退してしまうのは、すごく残念に思っています。 この情報漏洩を反省して、今まで以上に発展していってもらいたいです。